商品説明 キャンプ料理の鉄板、スキレット(8インチ)です。素材のおいしさを逃さず調理ができ、調理後そのままテーブルに出せる手軽さが人気の秘密。厚みがあるため温度変化が少なく、アウトドアクッキングでは頼もしいアイテムです。持ち手にはチャムスロゴ、底面には われらがブービーの刻印入り。直火はもちろん、ご家庭のオーブンやトースター、IH調理器での使用も可能。8インチはステーキを焼いたりちぎりパンを焼いたり等、メインにもサブにもなる万能サイズ。1つあれば食卓・アウトドアごはんのレパートリーが拡がります。
---使用前のお手入れ---
・お湯とたわしなどで軽く洗ってからご使用ください。
・当商品は生産工場で植物性食用油を全体に塗り、シーズニングが行われてから梱包されておりますので、ご使用前に再度シーズニングをしていただく必要はありません。
---ご使用にあたり---
ダッチオーブン等の鋳鉄製の商品は非常に錆びやすい商品です。使用方法やお手入れ方法、長期保存の方法、錆びてしまった際の対応等、予め取り扱い説明書を十分にご確認の上、ご使用ください。(※公式ページ 現行同商品より抜粋/本商品とは異なる場合がございます。)
商品詳細 商品名 : チャムス スキレット 8 インチ / CHUMS SKILLET 8 INCH
ブランド : チャムス / CHUMS
品番 : CH62-12110
種別 : スキレット フライパン アウトドア キャンプ BBQ 旅行 ブービー 普段使い
商品説明 :
【サイズ】
全長:31.0cm 高さ:5.0cm 外径:20.2cm 内径:19.5cm
厚さ:3.1mm(底部分)
【重量】
1.6kg
【素材】
鋳鉄
ブランド詳細 一人のリバーガイドによってCHUMSは生まれました。アイウェア(メガネ等)のストラップから始まり、数々の商品が開発され、マスコットであるBooby Bird(ブービーバード)が生まれたことも、ますますCHUMSに愛着をわかせるきっかけとなります。その後も楽しさ・高品質・シンプルをコンセプトに商品開発を進み、カジュアルテイストなアメリカン・アウトドア・ブランドとして認知されるようになりました。
取扱商品について 当店の商品は全て日本正規品となりますのでご安心下さい。平行輸入品をご購入した場合、不良などが見つかった場合でも購入店舗のみの対応となるため保証を受ける事が出来ない事がございます。当店では日本の正規代理店が基準に則り対応をする為に安心してご使用頂けます。又、輸入の際の保管状況や日本での保存などもしっかりとしている為、品質も均一なので安心です。

メーカー希望小売価格はメーカーカタログに基づいて掲載しています。


2019 チャムス CHUMS アウトドア フライパン

https://appliancerepairboston.us/wp-content/uploads/2015/09/appliance-1-320x237.jpg

YONEX (FW5003/019)ヨネックス ユニトレーニングトップ カラー:ネイビーブルー サイズ:M

ケルティ(KELTY) カモフラ デイパック 2592041WDLD (Men's、Lady's、Jr) Extech 461880 Vibration Meter + Laser/Contact Tachometer by Extech B004WN5UKG 暑い

ヤマシタ(YAMASHITA) 船テンビンK型 FTK 太さ:2mm 285932 ニューエラ キャップ New Era Baltimore Orioles MLB Cardnial Gray 59FIFTY Cap Cardinal Red Cardinal Red ベースボールキャップ 帽子 野球帽 やわらかい 秋冬新作 チャムス CH62-1211 スキレット 8 インチ CHUMS SKILLET 8 INCH アウトドア フライパン

 

ルージュ 鉄鋳物製スキレット13cm(ホーロー加工)

Tips that may save you a service call.


Washer Repair Tip

Washer Repair Tip

Why is the chilly water establishing supplying hot water suddenly? If you haven’t altered the hoses whatsoever, and also you’ve been utilizing this washer routinely without any issues, the temperature level switch has probably gone bad. If the temperature level button itself has actually gone bad, there is not any type of control regulating which […]